世間で話題になっているニュースにスポットを当てていきます。

9と3/4番線

スポーツ ネットで話題

ホームランボール炎上少年に対する山田哲人の”デマ”コメントがツイッターで拡散

更新日:

3月7日に行われた日本のWBCの初戦であるキューバ戦で、山田哲人選手がレフトスタンドにホームラン性の打球を放ちましたが、スタンドの少年がフェンスの手間でキャッチしたことによって2塁打になり、ホームランは幻になりました。その後、少年に対する山田哲人選手のイケメンコメントがツイッターで拡散されましたが、実は創作の嘘コメントだったようです。

 

一夜で有名になってしまった炎上少年

 

 

ネット上では「クソガキ」などと批判が殺到し、少年がボールキャッチ直後の笑顔で写った写真画像が一気に拡散されました。さらには、名前や住所などの特定されたという話も巷で噂になり、ネット社会の恐ろしさをつくづく感じてしまいます。

 

少年が警備員に連行され注意を受けている画像やその後、意気消沈といった具体に項垂れて居る画像などもつぎつぎとアップされ、試合の動向と同時に少年の動きにも注目が集まっていました。

 

試合の結果は侍ジャパンがキューバを11対6で勝利を収めたことで、少年に対する風当たりもずいぶんやわらぎましたね。

スポンサーリンク

その後山田哲人選手の創作デマコメントが広がる

 

試合後、山田哲人が炎上した少年をかばうコメントがツイッターで拡散され、話題となりました。

 

きっちりスタンドインさせなかった自分が悪いので、少年を責めないでください。次もスタジアムにグローブ持ってきて欲しい。今度はちゃんとホームラン打つんで

 

このコメントに「かっこよすぎ!」「惚れた!」といった賞賛のコメントが相次ぎましたが、実は創作のデマコメントだったみたいです。

 

本物のコメントはこちら

 

山田選手のコメントは38秒あたりから。幻のホームランについては

 

あのーまぁ…これも野球なんで仕方ないんですけど、ウェイトトレーニングをして打球を飛ばしたいと思います

 

こちらが本物のコメントですね。

 

創作コメントが拡散してしまった背景には「山田哲人がこんなこと言ったらかっこいなぁ~」という妄想ツイートが様々のユーザーにパクツイされたことによって一気に拡散したものとみられます。

 

また、スリーランホームランを放った松田宣浩選手が言ったとされる

 

ホームランボールは山田選手の打球をキャッチした少年にあげて。今日という日を悲しい思い出にしてほしくないから

 

のコメントも創作の可能性が高いと思います。

 

まぁこれらのコメントが本物か嘘かは別にして、侍ジャパンの打線が少年を救ったことには間違いないですね!

 

 

関連記事:幻弾少年への山田哲人のメッセージ記事がツイッターの創作デマコメントと類似?

-スポーツ, ネットで話題

Copyright© 9と3/4番線 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.