世間で話題になっているニュースにスポットを当てていきます。

9と3/4番線

アニメ エンタメ

「君の名は」コンビが主演賞受賞の声優アワードに「本職・本業の人じゃない」「納得いかない」と不満の声 最多得票賞も消失

投稿日:

第11回となる声優アワードが発表され、2016年度の主演男優賞・女優賞に「君の名は」コンビの神木隆之介さんと上白石萌音さんが受賞しました。

 

声優を本職としていないこの2人の受賞結果に「本職じゃないじゃん…」「納得いなかい」といった意見が多く聞かれました。

 

やはり「君の名は」の反響が大きかった

 

2016年に日本で大ヒットしたアニメ「君の名は」。初公開から口コミなどで評判が広がり、メディアでその反響ぶりが大きく取り扱われていました。

 

街中でも、元々アニメに興味がなさそうな年配の世代の方まで君の名はの話題で盛り上がっていて、その注目ぶりに驚いたのを覚えています。

 

さて、声優として主演男優&女優賞を受賞した神木さんと上白石さんはご存知の通り、声優が本業というわけではありません

 

ですので、この受賞結果に「本業の声優さんがかわいそう」「君の名に出てただけじゃん」「神木くんは声優だったのか」といったような皮肉交じりの意見が多く聞かれました。

 

 

たしかに声優ファンとしては、本職ではない2人が大ヒットした映画で主演を務めていたというだけで主演賞を受賞してしまうというのは納得いかない部分がありますよね。

 

ただ、2014年に大ヒットした「アナと雪の女王」の主人公アナ役を務め、第9回声優アワードの主演女優賞に選出されたのが神田沙也加さんだったように、世相を反映するような大ヒット作品に出演していたキャストさんがどうしても優遇される傾向にあるようですね。

 

また、授賞式の当日に主演男優賞を受賞した神木隆之介さんが会場にはおらず、ビデオレターでの挨拶だったというのも少し残念だったポイントでしょう。

 

受賞式の内容は、超!A&Gでの生中継されていましたが、見逃した方はTOKYO MXにて2017年3月28日(火)の19時30分から放送予定ですのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

消えた最多得票賞

 

2011年度にあたる第6回の声優アワードから「最多得票賞」枠が設けられており、5年連続で大人気声優の神谷浩史さんが受賞し、殿堂入りとなりました。

 

そんな「最多得票賞」が今年は設けられていませんでした。理由は定かではありませんが、ネットでは「殿堂入りした神谷さんが再び選出されてしまったからではないか」という声も聞かれました。

 

実際に最多得票賞は神谷さん以外の方が受賞したことはないですからね。

 

本職の声優さんが正当に評価を受け、それがフィードバックされていた最多得票賞が消えてしまった分、今回の結果に「納得いかない」という声を拡大・助長させてしまった原因の一つかもしれません。

 

-アニメ, エンタメ

Copyright© 9と3/4番線 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.