世間で話題になっているニュースにスポットを当てていきます。

9と3/4番線

スポーツ

リアルスティール鼻出血でドバイ回避…引退の可能性は?馬の鼻血はかなり深刻だった。【競馬】

投稿日:

 

ドバイターフで連覇が期待されていたリアルスティールが鼻出血が原因で出場を回避したことがわかりました。競馬ファンにとっては残念なニュースですが、リアルスティールの引退の可能性はあるのでしょうか?馬の鼻出血ってそんなに深刻なのでしょうか?

 

ドバイターフの出場辞退に競馬ファンは「残念」

 

R・ムーア騎手とのコンビで昨年海外初G1を制したリアルスティール。ドバイ入り後に順調に調整されていただけに、残念がる競馬ファンの声が多く聞かれました。

 

「マジかよ、楽しみのひとつが。。」

 

「これは秋まで休養かな?安田記念またでてくるかな?」

 

「え?リアルスティールの出走取り消しって鼻血なの?鼻血で思い出すのは・・・・マチカネタンホイザ」

 

スポンサーリンク

たかが鼻血ではない…引退の可能性もある馬の鼻出血

 

馬の鼻血は鼻出血と呼ばれます。

 

馬は口呼吸ができないため、鼻出血を患うと呼吸困難に陥り、出走能力が大幅低下してしまいます。

 

鼻出血には2種類あり、まず1つ目は外傷が原因の鼻血。どこかに鼻をぶつけてしまったりすることで発生するもの。これは原因としてはわかりやすいですよね。この場合はあまり心配しなくも大丈夫でしょう。

 

心配なのはもう1つの原因、肺からの出血によるもの。

 

馬の心臓は強靭で、大きさも他の動物より大きいです。

 

心臓が大きいと、血を送り出す心臓の力も大きくなり、結果血圧が上がります。すると血圧の高さに耐え切れなくなった肺の毛細血管が破れ、出血してしまうのです。

 

心臓の大きさはサラブレッドのように出走能力が高くなればそれに比例して心臓も大きくなる傾向にあり、この鼻出血のリクスは高まります。

 

過去にもこの鼻出血によって引退を余儀なくされた名馬は数多く、牝馬最強と謳われたウォッカも鼻出血が原因で引退しました。

 

リアルスティールの年齢は現在5才。年齢的にはまだまだ走れると思うのですが、今回の鼻出血は少し不穏ではあります。

 

今回のリアルスティールの鼻出血は外傷的なものなのか肺出血が原因のものなのか、どちらかはわかりませんが、馬の鼻出血はほぼ肺からの出血が原因なので、決して楽観視はできないですね。

 

リアルスティールがドバイターフに出走できないのは残念ですが、日本にはまだヴィヴロスがいます。

 

ヴィヴロスといえば、大魔神でもお馴染み佐々木主浩さんが馬主であることでも有名ですよね。

 

初の海外レースということで輸送の心配や調整の難しさなどはありますが、昨年の秋華賞を制したその勢いで、そして連覇の夢が潰えたリアルスティールの分まで頑張ってもらいたいです。

 

そしてリアルスティールの力強いの走りもまた見たいですね!

 

-スポーツ

Copyright© 9と3/4番線 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.