世界情勢

北朝鮮の核攻撃が日本国土に着弾する確率は?噂の”Ⅹデー”はいつ?

更新日:

 

アメリカと北朝鮮の緊張感が高まる中、連日の報道や穏やかでない噂などにより、私たち日本人の立場も決して安全でなく、対岸の火事ではないということを日に日に強く感じてきております。

 

米国が北朝鮮に攻撃をしかけるⅩデーについて、そして北朝鮮がその報復に、日本に攻撃を仕掛けてきた場合の日本国土への着弾する確率などを調べてみました。

 

アメリカが北朝鮮に攻撃を仕掛けるXデーはいつ?

 

シリアとアフガニスタンへ攻撃を仕掛けたアメリカのに対し、北朝鮮がピリピリしているのは連日の報道でも伝えられていますね。

 

アメリカが北朝鮮に攻撃を加えるような事態が起これば、その報復に核攻撃で応戦するということはすでに公言されています。

 

その報復の対象は米軍基地がある日本の決して例外ではありません。

 

何事もなく、時が過ぎてくれればそれにこしたことはないのですが、現在のトランプ大統領なら本当にやりかねないので、私たちも気が気ではありません。

 

さて、アメリカが北朝鮮に攻撃するとXデーがあるとすればいつなのか?

 

まず可能性があるとすれば、平壌で行われる故金日成主席の生誕105年の軍事イベントが開催される4月15日。

 

この日に北朝鮮の核実験が行われる可能性があり、アメリカは北の核実験の動きがあれば先制攻撃を仕掛ける事を名言しているため、緊張感は極限に高まっています。

 

 

続いて、4月27日。

 

韓国国内ではSNSでこの噂が拡散し、混乱しているようですが、韓国政府は完全にフェイクニュースだとこの噂を否定しているようです。

 

ただこの2日間に限らず、朝鮮半島に米軍が着々と進行しているというニュースを聞いていると、近いうちにも本当に先制攻撃を仕掛けること十分ありえます。

 

 

北朝鮮の核攻撃が日本に着弾する可能性は?

 

アメリカが北朝鮮に攻撃をするようなことがあれば、報復として核攻撃を仕掛けることを明言しているわけですが、そうなれば米軍基地がある日本も攻撃対象になるわけです。

 

もちろん日本も迎撃ミサイルで応戦するわけですが、北朝鮮が一度に何十発も撃ち込むことがあれば迎撃損なってしまうこともあるのだそうです。

 

これについてはテレビの専門家の方が言及していましたが、一度に20発撃ち込まれた場合、全て迎撃できる確率は90%とのこと。

 

つまり10%の確率で日本本土に着弾してしまうということです。この10%が高いか低いかの判断は人それぞれたと思うのですが、自分はかなり高いと思っています。

 

10回に1回の確率で数百万以上被害者が出てしまうのですから…。

 

最期に

 

軍事的な専門的な知識など詳しいわけではないので薄っぺらい記事内容になってしまったことは申し訳ないと思っております。

 

自分自身現在の世界情勢をとても恐ろしく感じており、テレビのワイドショーなどで聞いたことのある知識をただ書き殴っただけメモ記事となってしまいました。

 

ではなぜこの記事を書いたのかというと、ただただ不安でたまらず、胸騒ぎがしており、ジッとしているのも居ても立っても居られないといった状態であり、心を落ち着けるためにこの記事を書いているといった次第であります。

 

とても個人的な話ですので、全く興味のないかたはブラウザーバックの方お願いします。お役に立てなくてすいません。

 

詳しい地域の明言は避けますが、私は比較的軍事基地のある近くの場所で暮らしております。

 

北朝鮮がアメリカから先制攻撃を受ければ、報復として北朝鮮も攻撃を仕掛けてくるでしょう。軍事基地のある日本もその標的なわけで、私が住んでいる最寄りの軍事基地が核の標的になり、迎撃し損ね着弾してしまった場合、私は恐らく即死でしょう。

 

妙に胸騒ぎがするのです。アメリカも北朝鮮も極限に緊迫した状態ですし、トランプ大統領のことですから攻撃の威嚇もハッタリではないと思います。

 

ネットを見ていると私と同じような不安や警戒心を持った方は大勢いることがわかりますが、私の現実世界の周りの人間はさほど気にしていないよう見えて驚いおります。

 

もちろんそういった話題になり、「怖いよね~」といった反応はあるのですが、それほど深刻さを感じないといいますか、どこか他人事のように思っているのではと私の目には映ってしまいます。

 

まぁそもそも私がビビりな性格というのが一番なのですがね。昔から飛行機が怖くて、現在でもわざわざ新幹線で長い時間かけて移動することもままあります。親友に呆れられることもしばしば。

 

ただ今回の北朝鮮とアメリカが衝突し、日本に危害が加わる確率は、自分の乗っている飛行機が墜落する確率なんかよりずっとずっと高いものであると思われます。

 

正直私は気が気ではないのです。最近の話ですと、浅田真央さんの電撃引退や佐々木希さんの結婚など世間で話題となるようなことがありましたが、現在の私はそれらのことにリアクションをとる余裕などありません。何度も言いますが、気が気ではないのです。

 

できることならば、永世中立国でも行ってしまいたいところですが、金銭的にも社会的にそれは不可能です。

 

だから、ただただ祈るしか私にはできません。翌日の朝 普段通り目を覚まして日光を浴びられること、お昼休みに大好物のバナナクレープを食べられること、夜の静かな公園でのんびりと愛犬を散歩させられることを。



-世界情勢

Copyright© 9と3/4番線 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.