世間で話題になっているニュースにスポットを当てていきます。

9と3/4番線

ネットで話題

銀座3丁目に補修レゴブロック?詳しい場所の位置を調べてみた

更新日:

出典:http://gigazine.net/

世界中の建物の壁や道路などの補修に、レゴブロックを使ったなんともかわいらしいパッチワークアートが話題になっています。

 

ドイツベルリン在中のVormannさんという方のプロジェクトのようです。

 

そして、日本でもレゴブロックを使った補修箇所があるということで、その詳しい場所を調べてみました。

 

 

レゴブロック補修している場所

 

 

銀座 レゴブロック

 

 

例のレゴブロックがある場所についてみていきましょう。

 

場所は、銀座3丁目中央通り、メインストリート沿いの道路脇にあります。

 

東京メトロ銀座線銀座駅の地上A9出口を出たらそのまま直進します。

 

銀座3丁目の歩道信号を一つ渡り、そこから少し歩くと左手に「銀座らん月」が見え、右手には「銀座3丁目 GINZA ST.」という地名案内板があるので近づきましょう。

 

すると小さな花壇の向こう側の道路脇にカラフルな修復レゴがあるはずです!

 

銀座駅出口からおよそ130メートル、徒歩で2分もあればたどり着く事ができるでしょう。

 

皆さんも一度見に行ってはいかがでしょうか。

さまざまな地域でレゴブロック修復を行なっているVormannさん

 

今まで数々の地域でレゴブロック修復を行なってきたVormannさん。

 

何気ない建物の壁や道路などの補修はもちろん、中国の万里の長城などにもレゴブロック修復を施しています。

 

子供たちも街中の思わぬ場所にあるカラフルなレゴブロックに興味深々で、目を丸くして眺めている姿が印象的でした。

 

ただの補修というよりは、視覚的にも楽しめるアート作品のようであり、こういった遊び心は見てて楽しいですね。

 

銀座3丁目のレゴブロックは、今年の3月頃に作られたようですが、Vormannさんのサイトでこれらの写真が紹介されたのは少し時間が経過してからのことでした。

 

熊本で大きな地震があったことで、写真の紹介を自粛されていたようですね。

 

見てて心が温かくなるVormannさんのレゴブロックアート。

 

これからもその数を増やしていくことでしょうね。

 

※追記

現在、銀座3丁目のレゴブロックは、コンクリートで補修されていてなくなってしまったようです…

-ネットで話題

Copyright© 9と3/4番線 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.