政治・経済

【第2の森友】安倍晋三の友人・加計孝太郎の正体…首相辞任の可能性は?

更新日:

森友学園の国有地の払下げ問題で大揺れの国会、ワイドショーでも連日この話題で持ちきりですね。この森友学園問題のほとぼりが冷めあらぬ中、「第2の森友」の存在が囁かれ始めました。「第2の森友」のキーパーソンとなる加計孝太郎(かけこうたろう)について触れていこうと思います。

 

市が36億円の土地を加計学園に無償譲渡か

 

森友学園の問題では約9億5000万円する国有地を「ごみの撤去費用」と称し、8億円を差し引いた額で売却・譲渡。そして、森友学園が運営する小学校の名誉校長に就任していたのが安倍首相の妻である昭恵夫人だったことで、首相と森友学園の間の癒着が疑われてきました。

 

今回の「第2の森友」問題に関しても類似している問題構造なのですが、その額がケタ違い。愛媛県今治市が学校法人「加計学園」に36億円の高等教育施設用地を無償譲渡しようとしているのです。

 

森友学園の約4倍以上の額ということで衝撃の一言でです。16.8ヘクタールの地に建てられる予定になっているのは加計学園が運営している岡山理科大の獣医学部です。

 

そんな多額な土地の無償譲渡を受けた加計学園の理事長・加計孝太郎氏が安倍首相と懇意の仲であったことから、またも政治とカネの癒着問題が見え隠れしているわけです。

 

岡山理科大の獣医学部新設予定地以外にも加計学園が運営している学園・施設で同上のような優遇があるみたいです。

 

安倍首相と加計孝太郎の仲

 

安倍首相は東京出身で成蹊大学法学部を卒業しています。それに対して加計孝太郎は広島県出身で立教大学文学部を卒業しています。2人を巡り合させたものは一体なにか?それはアメリカ留学です。

 

安倍首相の学歴を見てみると、南カリフォルニア大学政治学部を中退しています。1977年からアメリカ留学をしているみたいなので、そこから加計孝太郎氏と出会い、仲を深めていったのでしょう。

 

 

左が加計孝太郎氏です。やはり留学先の大学で出会ったみたいですね。

 

安倍首相といえば、トランプアメリカ大統領と行なったゴルフ外交でもお馴染みのように、非常にゴルフが大好きです。加計孝太郎氏ともゴルフを興じるようで、カリフォルニアの温暖な気候の中、共にゴルフにはまっていったのかもしれませんね。

 

また、昭恵夫人らと3人で食事することもままあるのだそうですよ。本当に仲が宜しいのですね。

 

さらに、過去の加計学園の事業報告書の中の理事長挨拶ページには、安倍総理の名前が度々登場。安倍首相自身も加計学園が運営する大学の式典に来賓として出席するなど、まさに相思相愛。

 

土地譲渡額の大きさから言っても、森友学園の理事である籠池泰典氏と比べて親密度は雲泥の差がありそうです。

 

安倍総理の進退やいかに

 

森友学園の問題では安倍総理の妻である昭恵夫人が名誉校長を務めており、そのことが問題を大きくし、安倍さんが叩かれるきっかけとなりました。

 

今回の件については渦中の加計学園の理事である加計孝太郎氏と直接懇意の仲なわけであり、国会での追及はさらに強いものになりそうです。首相新聞に掲載されている「首相動静」の中でも加計孝太郎氏の名前が頻繁に登場するので、もはや言い逃れはできません。

 

森友学園問題をどうしても沈静化したい安倍総理。2月27日の夜には赤坂の中華調理店である「赤坂飯店」に報道キャップを集め、「森友学園の問題についてこれは以上触れないように」と圧力をかけた可能性があるというリーク情報もネットで話題となりました。

 

今後マスコミの報道や野党の追及がより厳しくなることは明らか。安倍総理の進退やいかに…。



-政治・経済

Copyright© 9と3/4番線 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.