事件・事故

【北海道置き去り】すれ違った2台の車…誘拐・連れ去り・保護の可能性は?

更新日:

 

5月28日の夕方から父親の「しつけ」で山間部の林道に置き去りにされ、そのまま行方がわからなくなっている小学校2年生の田野岡大和(たのおかやまと)くん。

 

大和君の親戚による警察への新たな証言から、大和君を置き去りにした後、2台の車とすれ違っていたという新情報が出てきました。

 

新証言を受け警察は監視カメラの解析へ

 

大和君失踪して4日目にしてまた新たな情報が親戚の口から飛び出しました。

 

車や人に石を投げつけた大和くんに対して、「しつけ」と称し父親は林道で大和くんを車から降ろします。

 

数百メートル走った後、大和くんが泣きながら追いかけてくるのを見て、一度は車に乗せますが、その後再度大和くんを下車させ、数百メートルほど離れた後車を停車。

 

数分間経過した後、父親は大和くんのいたはずの場所へと一人で歩いて向かいますが、大和くんの姿はありませんでした。

 

大和くんを2度目の置き去りにした後、その場から離れるために運転している途中 or 停車後、父親が大和君の元へ歩いて向かいに行っている途中、両親は2台の車がすれ違ったのを確認したそうです。(父親は歩いている途中、母親と娘は車で待機中?)

 

この証言を元に、この2台の車が大和くんの行方に大きく関わっている可能性を考え、警察は林道沿いに設置されている監視カメラの解析を進め、2台の車の特定を急いでいます。

 

やはり誘拐の可能性ありか

 

警察100人以上と警察犬を投入した4日間の懸命な捜査にも関わらず、大和くんの行方は愚か、手がかり一つ見つかっていません。

 

目撃された2台の車の話からも、第三者による誘拐・連れ去りの線も濃厚になってきています。

 

連れ去った人間が悪意のある人間と仮定した場合、大和くんを人質にして身代金の要求などをする可能性もありえますが、今のところそのような情報は入ってきてきません。

 

また性的な暴行目的で誘拐した場合、事態は最悪である言えます。思い出されるのが、大阪の寝屋川市で起きた中学1年生の星野凌斗君と平田奈津美さんの2人が亡くなった傷ましい事件。

 

あまり考えたくないですがこのケースの場合、田野岡大和くんの命は非常に危険であると言えます。

 

また、これはあまりにも楽観的すぎるかもしれませんが、無事保護されている可能性も完全にゼロではないかもしれません。

 

保護した方がテレビやラジオなどの情報を一切知らず、大和くんの世話をしている可能性も…少々考えにくいですがあるかもしれません。

 

ただ、ニュースを耳にしていないにしても、大和くんのことを考えると、普通なら警察に届け出を出したりするのが一般的であることを考えると…やはりこの線は薄いですかね。

 

あるいは、善意で保護したものの、ニュースがあまりにも大きくなりすぎてしまい、今名乗り出ると「誘拐犯」のレッテルを貼られかもしれない…ということで名乗り出ることができないのかもしれません。

 

このケースの場合が、大和くんが生存している可能性は一番高いといえるかもしれません。

 

家族ぐるみでの隠蔽説?

 

 

 

警察への事情聴取でのウソや大和くんの服装に関しての供述の食い違いから、大和くんの父親が、今回の事件の犯人ではないかとネットでは疑われているようです。

 

小学校5年生の大和くんの姉も、一度は「山菜採りに出掛けて行方不明になった」と父親を庇ってか口裏を合わたのであろうコメントをメディアの取材で残しています。

 

姉と母親は大和くんが父親によって車から降ろされたのを間近で目撃しているはずなので、ウソをついていたことは明白ですよね。

 

 

 

また、事件当日、大和くんと両親、姉の一家4人で出掛けていたため、今回新たな情報を提供した親戚は、両親か姉の3人の誰かから、2台の車とすれ違った件についての話を聞き、警察へ情報を提供したとのだと思います。

 

山菜採りで行方不明の嘘や服装に関しての矛盾した供述は、警察の初動捜査を撹乱させるためであると考える「父親犯人説」を唱えている意見の方たちは、今回の2台の車の目撃情報に関しても、「警察の目線を自分から逸らすためもの」と考えているようです。

 

 

とにかく2台の車が映っている監視カメラの情報がキーになりそうです。

 

 

まとめ

 

31日の捜査は雨のため夕方で早々打ち切られました。

 

翌日の6月1日からは陸上自衛隊も捜査に加わり、午前8時から185人態勢で捜索が再開されるそうです。

 

しかし、第三者の誘拐の可能性、また父親(または家族ぐるみ?)の事件の関与説のどちらかが本当だった場合、今後の捜索で大和くんが見つかることはまずないでしょう。



-事件・事故

Copyright© 9と3/4番線 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.