世間で話題になっているニュースにスポットを当てていきます。

9と3/4番線

政治・経済

「昭恵リスク」の言葉の意味とは?「アッキード事件」と共に流行語大賞はあるのか?

投稿日:

 

ツイッターのトレンドに突如浮上した「昭恵リクス」という言葉。先日、山本太郎議員から飛び出した「アッキード事件」と同様、安倍首相の妻である安倍昭恵夫人に関連した言葉であることには間違いなのですが、果たしてどういった言葉なのでしょうか?

 

昭恵リクスとは?

 

この言葉は森友学園と昭恵夫人に関しての記事を書いた毎日新聞が記事タイトルの一部に使用した言葉であります。

 

先日森友学園の元理事長である籠池泰典氏の証人喚問が行われ、昭恵夫人の100万円の寄付について、そして籠池氏の妻である諄子氏とのメールのやりとりの内容が明かされ、ワイドショーなどでも大きく取り上げられ話題となっていますね。

 

記事内では、過去の昭恵夫人の振る舞いを奔放な言動と表現し紹介。今回の件でも昭恵夫人の言動が最大のアベノリクスになっていると紹介されています。

 

アベノリクスに関連した造語として登場した言葉が「昭恵リクス」というわけです。

 

それぞれ元となる言葉はアベノミクスであり、安倍政権の経済政策について表現した言葉であります。

 

このアベノミクスを批判しもじった言葉として、アベコベミクス、アホノミクス、などが存在します。アホノミクスに関して、安倍政権を批判しているエコノミスト浜矩子(はまのりこ)氏が「さらばアホノミクス」という題名で書籍までされています。

 

「アベノリクス」も日本の政治的な危機として批判的に使用され、アベノミクスのメッキが剥がれたものとも表現されていますね。

 

安倍首相は昭恵夫人についてあくまで「私人」であると主張していますが、連日国会での審議の中心になっているように政治的に大きな影響力を与えてしまっいる感は否めません。

 

安倍首相も森友学園の件について、政治的な関与があれば辞任する意思を表明しています。「昭恵リクス」は安倍政権を崩壊させる爆弾ともなってしまうのか?今後も森友学園問題については注目が集まりそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

アッキード事件と共に流行語大賞候補?

 

先日、国会で山本太郎議員の口から飛び出した「アッキード事件」という言葉が話題になりました。

 

アッキード事件とは、戦後最大の汚職事件として政界関係者が多数逮捕されたロッキード事件と昭恵夫人の名前を組み合わせ造語です。

 

その言い得て妙な表現にツイッターでも話題となっていました。今回の昭恵リスクと共に流行語に選ばれる可能性があるのではないかとも巷では囁かれていますね。

 

過去にも「集団的自衛権」などの政治的な言葉が流行語大賞に選ばれている事例もありますので、「アッキード事件」と「昭恵リスク」もその可能性は十分ありますよね。

 

大賞とは言わなくてもトップテンに選出される可能性は十分あると思います。

 

まぁ事件やリクスと冠しているようにポジティブな言葉ではないので、決して喜べるものではないですがね…

-政治・経済

Copyright© 9と3/4番線 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.